スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺癌の記録

甲状腺(乳頭癌)の治療のため、
しばらく自治医科大学さいたま医療センターに入院しておりました。

6月13日(月) 入院
6月14日(火) 手術(AM8時30分~PM12時頃まで)
     手術終了直後、いろんな管を付けられ、酸素マスクをして
     出てきた私の姿を見て、家族は本当に大丈夫なのか?と心配したそうです。
     麻酔が切れ、意識が戻ると私の周りには家族がいてくれ、声をかけようとするが、
     声が全く出ませんでした。その現実を知った途端、涙が出てきました。
     そして、傷口の痛みを感じ、呼吸も苦しく、とても辛い瞬間でした。
     (死んでしまった方が楽になるのだろうか?とほんの少し思ってしまいました)

     母が私の手を握りながら、一生懸命励ましてくれ、少し元気が出てきました。
     旦那が手を握ってくれ、私はしっかりしなくちゃ!と思いました。
     そして息子の頭をなで、小さな手を握った瞬間、絶対に生きなくてはならないと
     強く誓いました。子どもの小さな手から、大きなパワーをもらいました。

     術後だけは本当に辛かったです。全身麻酔の後遺症なのか?
     夕方頃には、強烈な肩こりと首筋の痛みに悩まされ、気分が悪く
     吐き気がして苦しかったです。プリンぺランという吐き気止めの点滴を
     していただいたおかげで、吐き気は止まり、少しだけ眠りに付くことが
     できましたが、夜9時以降は、ほとんど眠れずそれがまた辛かったです。

6月15日(水) 声が出た!!
かすれ声ですが、声が出るようになりました。すぐに実家のジジババに電話をし、
     旦那は仕事中なのでメールをし、息子が学校から帰ってくる頃を見計らって 
     自宅に電話をすると、息子が
     「お母さん、声が出たね、よかったぁ~、あ~、よかったよぉぉぉ~」と
     電話の向こうで泣いていました。私もそれにつられて泣いてしまいました。
     主治医の蓬原先生も「声出たじゃない!!」と安心された様子。
     私はその瞬間、先生に「助けていただき心から感謝しております」と伝えると
     「大げさだなぁ~」と笑っていました。

~6月21日(火)退院までの様子
  首の痛みがあるので、最初は電子ベッドの上げ下げの
リモコンを利用しながらではないと、横になることが
    できなかったし、起き上がることもできなかったのですが、
    だんだんとコツを覚えたり、傷口の痛みも日に日に
    良くなっていったので、今はもう大丈夫です。
    また入院中はとにかく、1日でも早く元気になりたいが一心で、
    出されたごはんはすべて完食しました。
    飲み込む時の喉のつかえる感じも、術後すぐはわりとありましたので、
    飲み込むのに時間がかかりました。
    今も喉につかえる感じが残っていますが、だいぶ慣れたので、
    これも時間が解決してくれるでしょう。

    さて、今回の病気は今年2月にやった健康診断の内科検診で
    指摘され発覚いたしました。
    喉のしこりはかれこれ2年前くらいからあったので、
    ずうっと喉に爆弾を抱えていたということになります。
    甲状腺のしこりは、最初は良性が多いらしいのですが、
    長い時間放置しておくと、それがやがて悪性に変わり、
    さらに放っておくと、未分化癌と言って、
    生存率がかなり低い恐ろしい癌と変わっていくみたいです。
    ですから、今回は治る範囲にとどまってくれて本当にラッキーでした。

    術後の体力は落ちてしまいましたが、このタイミングで甲状腺を
    全摘出して良かったと思っております。
    今、37歳なので、少なくともあと40年は生きたいですね~。
    生きれるかなぁ~!?
    現在の体力では正直自信がありませんが、いつまでも元気に生きられるよう
    これからも努力をしていきたいと思っています。
 
    長い文章になってしまい、見苦しい点をお許しください。
    かなり抜粋したのですが、自分自身の記録としても残していきたいので、
    気づいた点は書かせていただきました。

    今回のことで、ご心配をおかけした皆様、
    私はもう大丈夫ですので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
    
    

     
コメント

No title

家族愛に支えられて全身麻酔が覚めるいやな時間を乗り切り無事に退院されよかったですね。
これからは病巣が綺麗にさっぱりと無くなったのでご子息のため明るいニックさんに戻ってください。
手術あとの違和感は時間が解決してくれます、気にしないで頑張りましょう。

No title

★ダイさん
 このたびはご心配をおかけしました。
手術は成功し、これからも頑張って生きなくては!と思います。
ダイさん、私は今までの明るいふるまいで現在もおりますので、ご安心下さい。
 体力が落ちてしまったことは、術後ですから、
仕方がありません。そんな訳で、現在は犬の散歩や畑仕事にて
無理のない程度にリハビリをしております。

今日はとても厳しい暑さでしたね。
ダイさんもお身体には十分お気をつけくださいませ。
今年はお会いできるといいですね~♪
 

退院おめでとう!

ニックさんお疲れ様でした。
ようやく心のわだかまりも取れて、晴れて健康人ですね。
これからは日に日に元の元気ニックに戻りますから、洲の崎デビューも間近でしょうね。
それまでレーサー氏とせこせこコマセを撒いておきます。
ところで、畑のスイカは成ったかな?。

退院おめでとうございます。

なんてったって、生身の体をバッサリと捌いたわけですから、それはそれは大変なことを体験したわけです。
しかし、14日に綺麗バッサリと捌かれたというのに、翌日の15日には家族に電話とメールですか!!
そのタフネスには驚きです。
大きな家族愛を改めて意識できたという経験も、これからの人生の励みにつながることでしょう。

私の母もニックさんと同じ病気でしたが(それも放っておいた為、最悪の状態での手術)82歳まで健康で生きられました。
私も母の年ぐらいまでは(えっ!..あと20年しかないぞ!!.爆)健康で生きられればと思っています。

ニックさん、あと40年ではまだ77歳ですよ、お互いに日本人の平均寿命世界一に貢献する勢いで楽しく長生きしましょう。
私は後30年は釣りと射撃とモータースポーツをするつもりでいます、キッパリ。

お疲れ様でした・・・・・・

こんにちは。
 無事、手術が終わり、経過も良好なようでよかったです。
 しっかりと養生し、体力を戻して早めの復帰が叶えばよいですね。

 病気の大変さで言えば、ニック太郎さんの比ではないのですが、私も副鼻腔炎の手術を全身麻酔でやりました。
 病室に戻ってから意識が回復したのが夕方で、翌朝までは本当にきつかったです。 

 まだまだ37歳。
 体力・気力十分のニックさんですから、心配ありません。
 磯が待ってますよ~~~

No title

★凡歳師さん
 このたびはご心配をおかけいたしました。
退院した日はあまり体力がないなぁ~と正直感じておりましたが、
日に日に回復しており、昨日はじゃがいもをすべて収穫し、畑を耕しちゃいました。

スイカは入院前に2つの雌花に受粉をし、1つは少しだけサイズアップしておりました。
退院した帰り道に畑に寄ってみると、そのスイカがありませんでした。
カラスに見つかって持っていかれてしまったのかどうかは分かりませんが、
気を取り直し、昨日の朝、新たに2つの雌花に受粉をさせましたので、
また新しい実が育つのを待つことにいたします。

凡歳師さんのレース話、お聞きしましたよぉ~。
凡歳師さんの車に追い抜かれる瞬間はあっという間なんでしょうね。
「お~、早いのが行ったなぁ~」ではなくって、
「あれ? 今の何?」ってくらいすごいスピードなんでしょうね(笑)

No title

★レーサーさん
生身の体をさばいたのはこれで2回目です。
麻酔中で分からないとは言え、やはり
体にメスを入れることはできるだけ避けたいですね~。
病気にならない努力をしながら生きなくてはと思います。

入院前は絶対に100まで健康に生きると強く思っていたのですが、
手術後や退院後は少し気が弱くなってしまったようです。
しかし、驚くことに日に日に回復する速度はとても早いように感じます。
ですから、今はこのブログを書いた時よりもさらに前向きになっています。
病は気からという言葉は何気に当たっていますね~。
レーサーさんもずうっと元気に生きていて下さい。ずうっとですよ♪

厄落とし

その若さでの厄落としは、この先何年長生きすることでしょう^^
自分は42歳の時に全身麻酔を体験しました。
集中治療室で目覚めるあの気だるさは本当に嫌ですね。

それと全身麻酔の副作用の痰出しは苦しかったです。
ニックさんはどうでしたか?

まずは体力回復からのんびり焦らず始めましょう。
結果は後から付いてきますよv-8

No title

★まぐれさん
 やっと戻りましたあ~。このたびは
ご心配をおかけしましたが、秋磯にどうにか間にあいそうなので、ほっとしております。

 全身麻酔の辛さはたまりませんよね~。
副鼻腔炎だったとは!! それはかなり辛かったのでしょうね。
私もアレルギー性鼻炎の症状が1年を通じて時々出るので、お気持ちが少しは分かります。 

まぐれさんも全身麻酔の辛さがあったのですね。
できることならもう経験したくないです。
でも、さっきこんなことを思いました。、
今回の病気も確かに辛かったのですが、
それ以上に我慢ができなく、痛くて痛くてたまらなかったのは出産です。
子どもを産む時って、ものすごく痛くて苦しくて、この世の痛みではないんですよ。
生きるか死ぬかの瀬戸際の痛みって感じです。

この経験があったから、今回の手術の前は
「何てことない!」って強気でいる部分もあったのですが、
やっぱり全身麻酔はもうこりごりですね~

No title

★磯トンボさん
 やっと戻ってまいりましたぁ~。
体力も日に日に回復している様子が分かるので、
あともう少し休めば、元に戻るかと思います。

 トンボさんの大病は42歳の時にご経験されたのですかぁ~! 
男性の後厄の年でしたっけ?
我が家は旦那が厄年で身近に癌患者が私を含めて2名おりました。
いよいよ旦那の番かと少し心配な部分もありまして、
毎日せっせとヤクルト400を飲ませております。

全身麻酔の辛さ・・・痰出しですか!?
私もそれありましたよ。術後は風邪でもひいたかというくらい、
痰が絡み、困りました。
私の場合は喉を切っている都合上、術後すぐは水も飲めない状態で、
喉につまっている痰をどうやって出したらよいのか?
万一どうしても出せなく喉に回ってしまったら、
飲み込んでも害がないのか? そばにいた看護婦さんに質問してしまいました。
「水はまだ飲んだらいけないのに、痰は飲んでも大丈夫なんですか?」と・・・。
痰を飲み込むだなんて汚い話なんですけど、どうしても喉に詰まって出てこなくて
呼吸が苦しい場合は、飲み込んだ方が楽になりそうな感じが何度もありましたから。
何だか汚い話でスミマセン・・・(笑)

ダグです

しっかり読みました!

本当に良かった!
怖い手術ではないと分かっていても、術後は心配ですよね。

周りにしっかり家族がいてくれて、励まされて、医者以上に助けになりましたね~

これからどんどん普通に戻っていくと思いますが、油断しないで!笑

そして人生もっと楽しみましょう♪

No title

★ダグさん
 このたびはご心配をおかけしました。
私は両親や旦那の体調のことばかり
気をつけろと言っていたら、なんと自分がこのようなことになってしまい、
何ともバツが悪かったです(笑) 

人生もっと楽しまなきゃ! そのとおりですね。
そうそう、ダグさんが教えてくれたお蕎麦やさんにもまた食べに行きたいので、
まだまだ元気にいきますよぉ~。

No title

がんばりましたね。

よかった、よかった。


さて、病気ネタで賑わってもしょうがないので

次回は、『ニック太郎凱旋釣行記』で

お願いいたします(笑

No title

★潮崎さん
かしこまりましたっ(笑)

噂によると鯵が釣れているそうですね~!

やってみなくちゃ分かりませんが、
何だか、おりゃ~っとカゴが投げられそうな気配です。
今日はこれから抜糸と病理検査の結果を聞きに診察に行ってきますので、
糸が実際に抜けてから、傷口がちゃんとくっついているのかな?という感覚がわかるかと思います。

またお会いできる日が楽しみです。
今度こそマヌケなぷっつんをやらないよう
PEは新しい糸を巻いておきま~すv-8

初めまして

いつもブログ読まして貰ってましたが
更新されホッ=3としました
家の母も同じ病気で
手術しましたがカレコレ○○年?今78歳ピンピンしてます
大丈夫ですよ
ガッツです!
(*‘‐^)-☆

祝!退院

ニックさん、退院おめでとうございます!
本当に良かったですね。
これから少しずつ体力を回復していってください。

僕も千倉に向けて少しずつ体力を付けて行きます(笑)
海でお会いできることを楽しみにしてます^^

No title

★たまさん
初めまして!
ブログをご覧いただきありがとうございますv-411 
お母様も同じご病気をされたことがあるとは!
 心強いお言葉をありがとうございます。

癌と言われれば怖いイメージがすごくありますが、
甲状腺の癌だったことが救いだったと思います。
これからも楽しく元気にモリモリ生きますので、
お互い頑張りましょうねっ!

No title

★かまかまさん
 ありがとうございます。
いやぁ~、最初はびっくりしましたが、
今となってはこれも私の人生の中での思い出の1つになりそうです。 

千倉に向けて頑張られていますか! 
猛暑の時は練習も大変になるでしょうから、
十分お気を下さいませ。
うちはまたもや旦那が仕事に追われている状態となってしまい、
練習ができておりません。7月いっぱいは厳しいみたいなんですが、
少しずつ走っとかないと9月はあっという間ですからね~。

大会ではばったりお会いできるといいですね~。
こちらも楽しみにしておりますv-411

No title

2013年1月16日に甲状腺全摘手術をしたものですが、ブログを見てたいへんな前向きさにパワーをいただきました。また拝見させてください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。