スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NASPAスキーガーデン(新潟県湯沢町)

3月20日(火)
1日だけの休日でしたが、家族でスキーに行ってきました。
行き先は新潟県のNASPAスキーガーデンで、
ここはスキー専用のゲレンデでもあります。

いつもはAM4時から5時くらいに自宅を出発するのですが、
それでも渋滞にはまっていたので、今回は自宅を
AM3時に出発しました。しかし、関越道の最後の
赤城高原SAに到着したのは
朝5時すぎ!!スキー場オープンにはまだ時間が早すぎたので、
ここでいったん仮眠をとることにしました。
AM7時半すぎにスキー場に到着。駐車場も近く停められました。

朝のスキー場はガラガラです。良いお天気で良かったです
NASPA1.jpg
NASPA6.jpg
NASPA5.jpg
リフトからは湯沢の街並が見渡せます。
NASPA2.jpg
スキー動画
スキー動画2
スキー動画3(ピンクのウェアを着て登場するのが私です。変なかっこうで滑っているのはカメラ撮影をしているからです)

父ちゃんと息子が滑っています。特に息子はスキーがかなり上達し、
中級者コースもパラレルで上手に降りられるようになりました。
リフトから見えた上級者コースに行ってみるか!?と誘いましたが、
それはまだ恐怖みたいです。ここのスキー場の上級者コースのこぶは
そんなにきつくはありませんが、最大傾斜が38度もあるので、
上から降りてくるには、迫力があると思います




PM2時すぎにはあがり、帰りに湯沢駅近くの
駒子の湯に入り、帰宅いたしました。
温泉に入り、、腕の痛みが少しだけ軽くなったような気がいたしました。
NASPA3.jpg

次はいつ行けるかな?春休み?それとも来年かな?





テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

コメント

全てがすごい・・・

ニックさん家族は、全ての面でタフですね。
釣りだけかと思ってましたv-12

白銀の世界~昨年は軽井沢に行ったけど、今年は自重しました。
歳には勝てません(笑

No title

★トンボさん
 いやいや、タフというよりか
遊び好きなのだと思います(笑)

今回の休みは雪国でも大変暖かく、
午後には雪がベシャベシャになっておりました。
それに道路はノーマルタイヤでもいけそうな感じでしたよ。
雪質は悪いけど、春スキーって気温のことを考えると、楽なのかもしれません。

全てにおいてタフネス!!

ニックファミリー相変わらずのタフネスぶり、素晴らしいー。
スキー動画も見ましたよ、カメラ片手に余裕綽々、恐れ入りました。
動画を見ていると羨ましい限りです、私もスキーは嫌いな方ではありませんから、時間と余裕があったら再挑戦しているでしょうね。
なんてったって私は多趣味がモットー、仕事以外はなんでもOKでチャレンジ大好きですからね。

世の中には財力有り余って退屈でやることなし、家族愛と隣人愛に飢えての結果、アルコール依存症かアルツハイマーってのが流行っているらしいですが、私もその年齢になっていますが...、アルコール依存症は私にも理解できますが、アルツハイマーだけはなってみないとわかりません?
私の叔父も真面目一筋の司法書士でしたがアルツハイマーになり数年前亡くなりました。
私もなる可能性はあるのですかね?、私が思うには結局はアルツハイマーシンドロームは真面目すぎるのが最大の原因だと思っているのですが...。

ニックさんの右腕の痛み、日記遡って読みましたが、怪我と言ってもこれと言った直接の原因は見当たらないようですね。
これって、私等の様な肉体労働者がこうむる四十肩に似ていますね。
私も四十肩/五十肩と両方経験していますが、仲間もほとんどが経験していまして、まず右腕の手首周りから痛みが始まり肘から肩へと痛みが上がってきます。
そしてこの痛みは結構な痛みを伴いまして、腕が上がらなくなり力も入れられなくなります。
この場合の治療は医者にかかっても何をやっても治りませんから、痛み止め関連と右腕をいたわるしかありません。
そして数か月を過ぎるころから自然と痛みが和らいできて、知らず知らずのうちに治ってしまいます。
しかし、この症状にはその次があるのですよ...
数年のうちに今度は左腕に同じ症状がでて、私の場合は右利きですが左腕がなった時の方が厳しかったです。
ギアチェンジすらできない程痛みが走り、当然腕を上げることもできず右腕で補助しなければ左腕を上げることはできなくなり、右腕の時より全く力が入れられない状態になりました。
これも数か月続き、我慢していると何事もなかったように自然と治ってしまいました。

全ての痛みは危険信号ですから、良く検査して痛いところは無理せずいたわってお大事に。
私も30代後半から慢性腰痛で辛いものがありますが、これも直してくる医者はいないようです。
楽をしていれば慢性腰痛も自然と忘れるほどになりますからね。
全ての体の異常症状にストレスが大きく影響しているという結果が最新医学で明らかになってきています。

なるほどと思う節ありです、好きなことやって納得後の疲れは心地よい気だるさが残り、晩酌もすこぶる美味しく熟睡できます。
精神的にわだかまりがない時は、朝の目覚めも気だるさが心地よく残り、起きてしばらくするとスッキリとした気分になり、体も気持ちも健康を感じます。

ストレスは万病の元、精神状態と体の様子を聞きながら、無理せずが肝心なのですが....
分かっていても現状生活とその後を維持するためには逃げられない!と言うのも多くの平民の現実ですからね。

ニックさん、総合的にストレス解消が健康に一番と言う事は間違いなさそうですね。
私も連休明けから夜釣りビシバシ行来く予定ですよー。
磯にてまたお会いしましょう

No title

★レーサーさん
アルツハイマー・・・・私も最近考えることがあります。
何かを勉強しても頭の中にすんなり入っていかないし、
脳みそが弱くなっているなぁ~と感じます。
その部分はアルツハイマーとのこじつけをしても良いのかはわかりませんが、
レーサーさんの話によると、真面目すぎる人がなりやすいとは、それは怖いですね~。

そして、四十肩もやっかいな症状ですよね。
ギアチェンジができないぐらいの痛みって、
それはだいぶ痛そうですね~。

私もこれ以上、釣りをお休みしていると
ストレスが爆発しちゃいそうなんで、
そろそろ行くとしますか!!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。