スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校内硬筆展~いよいよラストだ~

 毎年恒例の校内硬筆展が開催され、
 今年はやったぜ!! 金賞を取ったぞぉ~。

 小さい頃から、『字は大きく書け』と教え込み、
 その甲斐あってか、小1~小4まで連続で金賞を取り続けてきた。
 しかし、小5の時に、惜しくも金賞を逃してしまい、
 息子は涙ぐんでいた。めったに泣かない息子だが、
 相当悔しかったのだろう。

 いよいよ今年は小学校6年生、硬筆展は
 小学校生活ラストチャンスだから、
 息子の持ち味を精一杯生かせるよう応援する。

 まずは私が試しに書いてみた。
 う~ん、字を書くというのは集中力がいるんだなぁ~・・・。
 集中力が途切れた瞬間、字が曲がってしまう。
 硬筆というのは、心も鍛えられる。
 DSCN3772.jpg

 そして次は息子が書いた最初の1枚。
 まだまだ直す箇所があるぞ
DSCN3773.jpg

 そして本番で書いた作品
硬筆小6金賞

やったね♪ おめでとう~~ 

  
 
 

  
コメント

No title

うわ~!,金賞ですか、素晴らしい、おめでとうございますv-354

私は小学/中学/高校と金賞には全く無縁の学生時代を過ごしていましたv-290
実は、私の家系は父母系とも芸事好きと筆達者がいまして、私の母系の従姉は日本書院の名門の弟子で号を頂き今も現役、私の妹も小学中学時代に毛筆金賞と入賞の常連でした。

習い事は、練習反復/練習反復に尽きるので、思い入れと向上心が一番必要な要素なのではと。

何に挑んでも楽しい時は一時で、壁にぶち当たり、クリアーしながら長く続ける事が一番難しいのですよね。

釣りとても同じかと思います、楽しい事ばかり求めていても、そうは問屋が卸さない。

子供に、この辺の理屈と心構えを理解させられれば、親も教師も教え上手となれるのですが?

ロートルとなり始めて、少しなり共理解できてきた向上心に挑戦する人生の面白さ、遅すぎた感ありです。

久々の真面目なコメントでした(爆)

おめでとう

硬筆ですか・・・凄いですね。
これから先が楽しみ~^^

自分は筆ならどうにか誤魔化せるが、ボールペン、鉛筆は・・・苦手ですね。

No title

★レーサーさん
ありがとうございます。

レーサーさんも芸達者な方ですから、
日頃の努力は惜しまずにやられる方なんでしょうね。

釣りの腕前と来たら、とても耳が痛いのですが、
頑張らなければなりませんね~。しばらく釣りをしていないと、
自信喪失してしまいますが、この分野もやる気を出して頑張らなければです!!

No title

★トンボさん
 ありがとうございます。

これからは中学に行ってから学ぶことになりますので、
またまたレベルが高いのでしょうね~。中学に行くと、
大人びた字を書く子が増えて、草書とかも出てくるのでしょうか!?

トンボさん、筆が使えるとはすごい!!
私は小筆書きはちょっと苦手です。
年賀状とか、筆でサラサラ書ける人に
憧れます!!

No title

おおおーーー!
金賞♪おめーーー。
美しい字を書く
お母さんに似たんだね。
ご健康で。

No title

★潮崎さん
 ありがとうございます。
私は普段、書く字はあまり上手では
ないんですよ。しかし、硬筆となれば
気合いが入ってしまいます(笑)

健康でありたい・・・本日、少し頭痛がします。
そんな訳で今日は早く寝ま~す。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。