スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御神根 中の島 ゴメン・・・ボウズです

待ちに待った御神根釣行がやってまいりました。
去年の釣行とはうって変わって、今年のお天気は最高な釣り日和です。
あ~、こういうお天気に恵まれると幸せなんだよな

ものすごく期待していった御神根なのに、私はボウズでした

悲しかったよぉ~

西の島でも全員メジナを釣っているし、
中の島でも1人3、4匹とウハウハのメジナをゲットしているし、
マジでへこみました・・・・。 しかし、後から、あ~すりゃよかった、こ~すりゃよかったという
発想が出てくるんですよね。

AM5時半頃、根本港に到着。masayaさんとヨシさん、そしてちあきさんと
挨拶を交わし、中と西に分かれて釣りをスタートさせました。

私はmasayaさんとヨシさんとの3人で中の島に乗り、
波がザブンザブン来ていた沖向きポイントは
ベテランのmasayaさんとヨシさんにお任せし、
私は潮位が少しだけ下がるまで船着き場での黒鯛狙いに専念することにしました。
朝は船着き場から東の島の間に水道を通り、沖に払いだしている潮が流れており、
コマセと仕掛けを同調させるために、仕掛けの左付近にコマセを落としました。
河豚が多い場合は、コマセを沖に広げてしまうことで逆効果だと思いましたが、
船着き場はエサが残ってくるので、ガンガンコマセを巻いちゃいました。
過去に中の島で黒鯛を釣ったポイントを徹底的に攻めましたが、
前回釣った時とは潮の流れが逆向きだったので、仕掛けとコマセを同調させることに
苦戦してしまいました。やはりここはmasayaさんがおっしゃったように
「ニックさん、朝は沖向きで攻めた方がいいよ」というアドバイスを聞くべきだったのかもしれません。

ヨシさんの手前にも入らせてもらったのですが、逆光でウキが全く見えなかったので、
あきらめ、また元の位置に戻ってやっていたのですが、
沖に払い出している時の潮が流れている時は、黒鯛ポイントを潔くあきらめ
東の島と中の島の間の水道を狙っても面白かったのではないか?ということです。
島と島の間は、盛り上がった波が通り抜けるので、ウキがガーっと持っていかれるので、
釣りづらいのだろうな!という思い込みがあったのですが、
それこそ波乗りの良いがっちりとしたウキを使い、ガン玉を3、4点打ちにして
仕掛けを流せばもしかしたらサラシの中にいたメジナを釣ることができたのかも?と
思いました。

一昨日、御神根に行く前夜に、御神根のことが載った本を探していたのですが、
どうしても見つけることができずに当日を向かえてしまい、ちょっとしたおさらいができませんでした。
今日、その本を見つけ読み返して見ると、やっぱり書いてあったのです。
(本はいつもの棚にあったのさ!その棚を何度も何度も見たのに、何故見つけることができなかったのぉ~)
(目の前にあるじゃ~ん)
荳ュ縺ョ蟲カ_convert_20100221225323


釣りを終え、本当はせっかくお会いした皆さんと顔を見ながら、挨拶がてら
釣り談義でもしようと思っていたのですが、時間も14時半を回り、
このままお土産なしに帰ってしまうと、息子にバカにされちゃうのが目に見えていたので、
ちあきさん達、そしてmasayaさん、ヨシさんに挨拶をして、根本港をあとにしました。
白浜の磯はわりとべたなぎだったのですが、千倉方面に近づくにつれて、
うねりがかなりあり、人気磯の白間津の長島には誰1人乗っていません。おかしいなぁ~!!
誰も乗っていないということは、魚が出ていないのか?いや、それとも・・・・!?
磯は乾いているよな・・・・としばらく車から見ていると、一発ドカーンと波が被りました
しかもまたその後は静かになり、忘れた頃にやってくる大波だ。恐ろしい・・・・
白間津の沖にある夫婦岩が被っている時は、要注意ですぞ。

そんな訳で白間津をあとにし、いつものビッグママポイントに入る。
しかし、午後の満潮といっても、潮位が低すぎる。それに澄んでいる。
ん~、これは釣りにならないか
こんな時は、港の船道狙いの方が、黒鯛は釣れるかもな!!
しかし、移動の気力もなかったので、我慢して釣り続けるが
やはり結果は予想通り、20cmのコッパが2匹止まりで終了
IMGP0019_convert_20100221231751_convert_20100221231910.jpg

寝袋も持って行ったし、車中泊をして、翌朝の潮位が高い時間に再チャレすることも
しばらく考えておりましたが、もしも翌日も釣れなかったら、
このみじめな気持ちをどう処理してよいのか分からなかったので、
やめておきました(笑) いやぁ~、今回はかなりへこみました・・・。
でも、しばらくご無沙汰していたmasayaさん、明るいて優しい笑顔のヨシさん、
そして明るくてキュートな女性のちあきさんにお会いすることができたことが
なによりもの収穫でした ちあきさんには御神根の予約など
いろいろと段取りをしていただきありがとうございました。

次回の釣りは3月13日頃です。久々に白浜渡船、もしくは鱗海カップの会場と
なっている富浦の沖磯、もしくはヨシさんのHGと迷っております。
天気や風向きなど、状況を見ながら決めたいと思っております。










コメント

良くあることです!

ニック太郎さん、お疲れ様でした。
 沖磯に上がっても、まったくアタリが取れないことなど、私にも何度も経験があります。
 あの魚影の濃い対馬でも、まったく釣れないことがあります。
 特に冬場のクロダイは、濁りや水温に恵まれないと難しい時期でもありますよね。
 3月は、ノッコミの時期になりますので、白浜も富浦も期待できると思いますよ。
 めげずに頑張ってください。

No title

★まぐれさん
 面白い記事を書きたいと思い、御神根に渡りましたが、ご期待にそえずにごめんなさいです・・・。
この時期の黒鯛は是非お持ち帰りをして、
刺身で味わってみたかったです。 

3月の釣りは徹底的に黒鯛で攻めてみたいと思います。私もまぐれさんと同じく最近は遠矢ウキでチャレンジしてます。棒ウキは渋いアタリも取りやすく、使いやすいです。このリベンジは3月まではとても待ちきれませんが、次回の釣行までに作戦を練り直し、臨みたいと思っております。

No title

お疲れ様でした~。
そして今回もまたお世話になりありがとうございました。

普段は単独での釣行の多い自分ですが、こうして気の合う仲間との釣行もまた良いものですね^^
是非また行きましょう♪

それにしても今回は運の悪さやタイミングの悪さが重なってしまい、かなり悔しい結果となってしまって残念でした(;^_^A
メジナの食ってくる時合も短く、かつ単発でポツリポツリといった状態だったのと午前中は逆光で本当に釣りもし辛かったでしたね。
私は波を被りながらもどうにか先端で竿を出し続けましたが、全身ビショ濡れで正直なところ前回に御神根に渡った時より辛かったです(;^_^A
冗談ぬきに例のスーツを着てけば良かったと……(笑)

釣りは運にかなり左右される部分もありますが、それでもニックさんのその粘りと頑張りがあればいつか必ず良い日が訪れることと思います。
私も謙虚さを忘れずに(笑)、これからも精進していきたいと思います。

また機会があれば一緒に竿を出しましょう^^

No title

お疲れさまでした!

千倉は大波でしたか~。やはり安全が第一ですから無理しない判断は大切ですね!私も気をつけます。
しかし息子さんのプレッシャーはなかなか堪えますね。私もそれなりの釣果でないと実家には持って帰れないなあというのはありますが、釣りに行くときにも特に連絡を入れてないので釣果によって実家に帰るか決められるのが楽です(笑)・・・まあ、メジナはお袋は喜びますがハナダイ釣りをしていた親父はあまり喜ばないので、最近は魚を持って行かなくなりました。脂の乗ったノッコミの大型なら喜ぶかもしれませんが、まだメジナはその状態でないようなので、3月にもし釣れたら持って帰ろうかとも思ってます・・・釣れたらですがね(笑)

ニックさんの釣りへの真剣な取り組みが伝わってきて、私も襟を正したいという気持ちです!
釣りはかなり情報戦の感がありますので、磯のポイント解説本が後で発見されたのはちょっとショック??御神根は日々の釣果情報が無いのが少し残念ですが、少しでも情報を集められるように私も気をつけておきます。

またご一緒に竿を出して、今度は勝利の雄叫びをあげましょうううううう!

No title

★masayaさん
先日はいろいろとありがとうございました。
それにしても前回の御神根よりも辛かったとは
相当でしたね。その後、風邪などひいていませんか? masayaさんとヨシさんの釣果を見て、
やっぱり御神根は良型がいるんだなぁ~と実感しましたよ。
40オーバーはさらにその下に沸いていたのかもしれませんね。

今回は1つミスをしたことがありました。コマセワークに繋がる部分なんですが、
コマセを目標の場所に投げることができなかったことです。前回まで使っていた
ひしゃくが壊れてしまい、家にあったのを持っていったのですが、そのひしゃくが固く、
遠投するのに非常にやりづらかったのです。黒鯛を釣るためのコマセワークが
全然できていなかったので、それもまた1つの原因なのかな?と思います。
たかがひしゃくでも、値段がピンきりにあり、最近は1本3000円~7000円台のものまで見ます。
高いなぁ~と感じるのですが、以前使っていた1000円台の使いやすいひしゃくを手に入れて、
次回は臨みたいと思っています。

masayaさんは3月はいよいよ夢の磯ですね。
是非とも釣り日和のお天気に恵まれますように! 

No title

★ヨシさん
 ヨシさんのお父様も釣り吉だったのですね♪♪
ハナダイを召し上がっていたとは、それは舌が相当肥えていそうですね(笑) 
メジナ(口太)はまだ卵を持っていなかったのですか!? 
3月になればそろそろ終わりなのかなぁ~!?と思っていましたから、
黒鯛狙いにチェンジしようと勝手な想像をしておりましたが、まだイケる感じでしたら、
私も3月はめげずに頑張ります♪♪ 

私は下手の横好き釣り師で、何年もかかって
ようやく今にたどり着いたという感じです。
息子に“へたれ釣り師“と、バカにされないよう、
必死に自分に“喝”を入れることが、釣果に結びつく一番の近道なのかな?と
思っていますが、あまり気合いを入れすぎちゃうと空回りをする傾向が・・・笑

また例の場所でお会いできることを楽しみにしております。

No title

ニック太郎さん、お疲れ様でした~そしてこちらこそ色々と有難うございました!
私、少しうるさすぎたかも・・と今更ながらにチョッピリ恥ずかしいような気がしてます(*^_^*)
夫の太郎のことも、きちんと紹介したかったのですが、ああいう状況になってしまってスミマセンでした^^;

それにしても、あの日の船着きは、だいぶキツイ状況でしたよね。
サヨリを釣ってらしたのが見えましたが、私は船着きではフグ一匹さえ釣れませんでした。
コマセをいっぱい撒いても、エサがそのまま戻ってくる状態で、でも沖向かいに行く勇気もなく・・といった感じでした。
西では、全員が釣れたワケじゃなく、やはり一人だけ釣れなかった仲間がいました。。
東もイイ感じなのに全くダメだったそうです(>_<)
腕は、上手な人たちなんですけどネ。

御神根の本!なんてものがあったんですね!
ううむ、釣りが終わった後に出てくるとはチョッピリ悔しいというか何というか~~。

お別れした後、どうなさったかな~と気になっておりましたが、きつい条件の中、メジナの顔を見れたのですネ。
お子さんにお土産したのかな??
満足できるサイズではなかったとは思いますが、ほんとお疲れ様でした!

No title

★ちあきさん
 40UPが釣れたら、そりゃ嬉しいですよ♪
ご自分に正直になって、これからも叫んじゃって下さい。
私は去年の2月に単独釣行で黒鯛を釣ったのですが、「やった!」って叫び、
「よっしゃぁ~!」のポーズを1人でやってましたよ。
誰かに見られたらかなり恥ずかしいんですけどね(笑)

西の船着き場も出なかったのですか!?
もしかしてちあきさんが釣ったのは、船着きじゃなくて、西側に向いた方でしたか!? 

私が第2弾で釣ったメジナは20cmしかなかったのですが、
食べられなくはないので、一瞬お持ち帰りしようかと迷いましたが、
メジナに見つめられちゃったので、逃がしちゃいました。

メジナの瞳って、かわいいですよね~。
あの目を見ると、包丁で捌くのに、いつも躊躇している私です。

No title

おはようございます♪
私の釣行記は、説明が少なくて、一体どこで釣ったのか不明でしたよね^^;

そうなんです、船着きでは何も釣れず、
釣れたのは西側の方でした。
向かいにある小島との間あたりです。

ニックさんが狙ってみれば良かったという中と東の間の水道は、仲間たちが今までメジナをあげている所ですが、仰る通りウキがガーーっと流されたり呑まれたりするので、私にはムリかなあ~と、いつもついつい避けてしまってます^^;

メジナの瞳は、ホントつぶらで可愛いですよね♪

No title

★ちあきさん
 返信が遅くなりスミマセン・・・・。
船着きはお手上げでしたか~!!
やはりあの水道部分はポイントだったのですね。
次回、乗ることがあったら狙ってみます。

まずはやってみなくちゃ分かりませんが・・・・。
たぶん波乗りが良いウキに
ガン玉を利用すれば、いけると思います。
真潮がガーっときている時がチャンスなのかも??
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。